StringReplacePart

StringReplacePart["string", "snew", {m, n}]
文字列m 番目から n 番目にある文字を文字列で置換する.

StringReplacePart["string", "snew", {{m1, n1}, {m2, n2}, ...}]
のコピーを複数の位置に挿入する.

StringReplacePart["string", {"snew1", "snew2", ...}, {{m1, n1}, {m2, n2}, ...}]
番目から 番目にある文字をで置換する.

詳細詳細

  • StringReplacePartの位置指定は,StringPositionの返す形式で行う. »
  • のリストの指定において,このリストの長さは位置のリストの長さと同じでなければならない. »
  • 複数の位置指定があるときは,そのすべてにおいて,置換操作が行われる前にもとのが参照される.
  • StringReplacePart[s, "", ...]を使い,文字列の一部だけを除去することができる. »
バージョン 3 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »