SuperscriptBox

SuperscriptBox[x, y]
ノートブック式において を表す低レベルのボックス表示である.

詳細とオプション詳細とオプション

  • SuperscriptBoxは,Superscriptの低レベル表示である.低レベルノートブック式操作を除き,SuperscriptBoxを直接使う必要があってはならない.
  • の中なら,SuperscriptBox[x, y]は,としても入力することができる.
  • ノートブックでは,Ctrl+6またはCtrl+^を使ってもSuperscriptBoxを作ることができる.上付き文字から抜けるにはCtrl+Spaceを使う.
  • StandardFormでは,SuperscriptBox[x, y]の入力はPower[x, y]として解釈される.
  • SuperscriptBox[x, y]のベースラインはのベースラインにならうものとされる.
  • SuperscriptBox[x, y]の表示において,通常より小さいフォントで出力される.
  • StandardFormでは,明示的なSuperscriptBoxオブジェクトは記述のまま出力される.その場合,最終的な表示形を確認するにはDisplayFormを使う.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (4)例 (4)

上付き文字のある文字を表示する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//DisplayForm=

SuperscriptBox形式は一般にベキ乗として解釈される:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]//FullForm=

Power式の一般的なフォーマットにはSuperscriptBoxを使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//FullForm=

上付き文字の上に上付き文字を載せたタイプセット構造を表示する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//DisplayForm=
バージョン 3 の新機能 | バージョン 6 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »