SystemDialogInput

SystemDialogInput["type"]
インタラクティブなシステムのダイアログを呼び出し,ダイアログで選ばれた値を返す.

SystemDialogInput["type", init]
ダイアログの初期設定として init を使う.

詳細とオプション詳細とオプション

  • 可能なタイプには以下のようなものがある.
  • "Color"色を選択するダイアログ
    "Directory"ディレクトリダイアログ
    "FileOpen"ファイルを開くダイアログ
    "FileSave"ファイルを保存するダイアログ
    "RecordSound"サウンドを記録するダイアログ
  • SystemDialogInputが評価されると,Mathematica はダイアログが終了し結果が返されるまで停止する.
  • ダイアログがキャンセルされると,SystemDialogInput$Canceledを返す.
  • 多くの型のダイアログで,オプションWindowTitleを与えることができる.
  • では,FileNameSetterのように,SystemDialogInput[..., {init, {"type1"->{"patt11", "patt12", ...}, "type2"->{...}, ...}}]の形でファイル用のフィルタを指定することができる.
  • はすべてのプラットフォームでサポートされている訳ではない.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

システムの色選択ダイアログを開き,選ばれた色を返す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

システムのファイルを開くためのダイアログを開き,選ばれたファイル名を返す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

システムのサウンド録音ダイアログを使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »