Table

Table[expr, {imax}]
個のコピーのリストを作成する.

Table[expr, {i, imax}]
が1から までの場合の の値のリストを作成する.

Table[expr, {i, imin, imax}]
から開始する.

Table[expr, {i, imin, imax, di}]
をステップとして使用する.

Table[expr, {i, {i1, i2, ...}}]
連続する値 , , ...を使用する.

Table[expr, {i, imin, imax}, {j, jmin, jmax}, ...]
ネストしたリストを与える. に対応するリストが最も外側になる. »

詳細詳細

  • Tableを使ってベクトル,行列,テンソル,その他の配列を構築することができる.
  • Tableは,標準的なMathematica の反復の指定を使用する.
  • Tableは非標準的な方法でその引数を評価する.
  • Table[expr, spec]は,まず を評価し,次に指定された変数を局所化し,続いてこれに連続的に値を割り当てる.割当てのたびにが評価される.
  • Tableは,Blockを使って実質的には値や変数を局所化する.
  • Table[expr, spec1, spec2]は,実質的にTable[Table[expr, spec2], spec1]と等価である.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (6)例 (6)

最初の10個の二乗の表:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ステップ2で0から20までの の表:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

10個の のリスト:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

4×3行列を作る:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]//MatrixForm=

表をプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

表を列に並べ替える:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 1 の新機能 | バージョン 6 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »