TextJustification

TextJustification
CellInsetのオプションで,段落揃えのための行の伸長度を指定する.

詳細詳細

  • TextJustification->0の設定では,行は伸長禁止となり,行端は不揃いになる.
  • TextJustification->1は両端揃えの設定で,すべての行は強制的に同じ行幅になる.
  • 行が明示的な改行で終るときは,行の伸長は行われない.
  • TextJustificationが0から1の間の値に設定されるときは,不完全な揃え方になる.
  • TextJustification->s の設定では,MathematicaPageWidthとそれより短い各行との差を取り,その差にを掛けたスペース量を行に挿入する.
  • TextJustification以外の値に設定されているとき,標準的な Mathematica フロントエンドによりユーザのテキスト入力があるたびに動的な行の長さの調整が行われる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

語の長さが不揃いのランダムなテキストを作る:

In[1]:=
Click for copyable input

TextJustificationの設定が異なるテキストセルを作る:

In[2]:=
Click for copyable input
バージョン 3 の新機能 | バージョン 6 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »