Texture

Texture[obj]
グラフィックス指示子であり,obj が多角形やその他の充填されたグラフィックスオブジェクトの表面のテクスチャとして使われるべきであることを指定する.

詳細詳細

  • Texture[...]は,VertexTextureCoordinatesを設定することによって多角形の表面に適用できるテクスチャを提供する.
  • TextureGraphicsGraphics3Dの両方で使える.
  • Texture[image]は画像に基づいた2Dテクスチャを指定するのに使える.
  • テクスチャは,1,2,3の任意次元の色配列でよい.
  • テクスチャの色の値を明示的に指定するのに使える形式:
  • Texture[{c1,c2,...}]1Dテクスチャの色
    Texture[{{c11,c12,...},...}]2Dテクスチャの色
    Texture[{{{c111,c112,...},...},...}]3Dテクスチャの色
  • それぞれの色は,RGBColor[r, g, b]に対応する形式のリスト,あるいはRGBColor[r, g, b, a]に対応する形式のリストのいずれかでよい.
  • Texture[obj]Texture[Rasterize[obj]]に等しく,通常ノートブックに表示される大きさと解像度で obj をラスタライズする.
  • OpacityTextureと一緒に使ってテクスチャの全体的な不透明性を指定することができる. »
  • TextureFaceFormで使って前と後ろの面に異なったテクスチャを与えることができる. »
  • Textureの色は,Lightingとのインタラクションにおけるディヒューズ色であるとされる. »

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (4)例 (4)

2Dの多角形にテクスチャを適用する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

3Dの多角形にテクスチャを適用する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

数個の3Dの多角形にテクスチャを適用する:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

ParametricPlot3Dの表面にテクスチャを適用する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »