TextureCoordinateScaling

TextureCoordinateScaling
Plot3Dおよび類似関数のオプションで,テクスチャ座標関数に渡される引数がからの間に位置するようにスケールされるべきかどうかを指定する.

詳細詳細

  • 通常のデフォルト設定はTextureCoordinateScaling->Trueである.
  • TextureCoordinateScaling->Falseとすると,もとのスケールされていない値がテクスチャ座標関数に渡される.
  • TextureCoordinateScaling->{s1, s2, ...} でテクスチャ座標関数の引数 i をスケールするかどうかを指定する.
  • スケールはすべての変数の最大値と最小値が0から1の間に位置するように行われる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

TextureCoordinateFunctionのパラメータは一般に0から1の間にスケールされる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

スケールされていない座標を使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »