Thinning

Thinning[image]
収束するまでモルフォロジー的細線化を適用することで image の前景領域のスケルトンを求める.

Thinning[image, n]
モルフォロジー的細線化を n 回繰り返す.

Thinning[image, n, t]
t より上の値を前景として扱う.

詳細とオプション詳細とオプション

  • Thinning[image, ...]はモルフォロジー的スケルトンを表す画素の値が1でその他の値が0のバイナリ画像を与える.
  • Thinning[image]Thinning[image, Infinity]に等しい.
  • Thinningはバイナリ画像,グレースケールの画像,任意の多チャンネル画像および実数行列に使うことができる.
  • Thinningは画像の外側の画素に仮定する値を指定するPaddingオプションを取る.デフォルト設定はPadding->0である.
  • Thinningは使用する細線化アルゴリズムを指定するMethodオプションをサポートする.使用可能な設定値:
  • "Morphological"モルフォロジー的細線化(デフォルト)
    "MedialAxis"近似中間軸
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »