ToNumberField

ToNumberField[a, ]
によって生成される数体で代数的数 a を表現する.

ToNumberField[{a1, a2, ...}, ]
によって生成される体で を表現する.

ToNumberField[{a1, a2, ...}]
1つの代数的数が生成する共通の拡大体で を表現する.

詳細詳細

  • ToNumberFieldは,有限拡大体の元に対応するAlgebraicNumberオブジェクトを与える.
  • ToNumberField[a, ]は,aに存在しない場合は未評価のまま残される.
  • RootオブジェクトおよびAlgebraicNumberオブジェクトによって,あるいは通常の有理数と根基によって与えられる.
  • が代数的整数の場合,結果は常にAlgebraicNumber[, list]によって与えられる.
  • ToNumberField[{a1, a2, ...}]は,の表現を体の原始元によって与える.
  • ToNumberField[{a1, a2, ...}]ToNumberField[{a1, a2, ...}, Automatic]に等しく,最小共通拡大体を使うとは限らない.
  • ToNumberField[{a1, a2, ...}, All]は常に最小共通拡大体を使う.
  • ToNumberField[x]は任意の形の代数的数を明示的なAlgebraicNumberオブジェクトに変換する.
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »