Together

Together[expr]
項の和を共通分母の上にあげてこの結果の因数を約分する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • Togetherは,項の和を単一の有理関数にする.
  • Togetherの結果の分母は,一般にこの和の各項の分母間の最小公倍数となる.
  • Togetherは,必要にならない限り,分母の展開を回避する.
  • Togetherは,実際にはApartの逆となる.
  • Together[expr, Modulus->p] を法とする結果を生成する.
  • Together[expr, Extension->Automatic]は,expr で代数の演算を行うことができる.
  • Together[expr, Trig->True]は,三角関数を指数の有理関数として取り扱い,そのように操作する.
  • Togetherは自動的に,リスト,方程式,不等式,論理関数に縫い込まれる.
バージョン 1 の新機能 | バージョン 6 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »