Toggler

Toggler[x]
x の設定値によってTrueFalseの間を切り換える切換えボタンを表す.

Toggler[Dynamic[x]]
動的に更新された の現行値をその設定値とする.の値はボタンがクリックされると切り換えられる.

Toggler[x, {val1, val2, ...}]
一連の値の間を循環する切換えボタンを表す.

Toggler[x, {val1->pict1, val2->pict2, ...}]
の間を循環し,それを と表示する.

Toggler[x, vlist, dpict]
のいずれでもない場合は として表示する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • CheckboxOpenerは,実質的にTogglerの特殊形である. »
  • Toggler[x]はデフォルトで と表示される.
  • Toggler内の任意の場所をクリックすると次の値に進む.
  • Shift-クリックで,前の値に戻る.
  • はクリックでは到達できない.到達できるのは外側から を設定した場合だけである. »
  • Togglerは,文字列,ボックス,グラフィックス,その他動的式を含むいかなる式でもよい. »
  • 次のオプションが与えられる.
  • AutoActionFalseマウスが上に置かれたときに,自動的に切換えボタンを変更するかどうか
    BaselinePositionAutomatic周囲のテキストと相対的な並べ方
    BaseStyle{}表示された切換えボタンのベーススタイル指定
    EnabledAutomatic切換えボタンを有効にするか,無効(灰色)にするか
    ImageMargins0表示された切換えボタンの画像の周りの余白
    ImageSizeAll表示された切換えボタンの全体的な画像サイズ
  • ButtonSliderのようなコントロールは,Toggler内ではクリックできない.
  • EventHandlerはマウスクリックを阻止するが,PassEventsDown->Trueの設定のときはこれをTogglerに送る.
  • BaseStyleの設定値は,一般に現行スタイルシートのスタイルで与えられるデフォルトスタイルに加えられる.
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »