TraceOn

TraceOn
Traceやこれに関連した関数に与えるオプションで,いつトレースをスイッチオンするかを指定する.

詳細詳細

  • TraceOn->patt の設定では,Traceやこれに関連した関数はパターンpatt にマッチする評価すべき式に遭遇するまでトレースを開始しない.また,このパターンは,評価に関連付けられたタグについてもテストされる.
  • TraceOffは,TraceOnによってスイッチがオンになっている場合に限り使用することができる.
  • TraceOffによって,一旦トレースがオフになると,TraceOnで再びスイッチをオンにすることはない.
  • Traceの実行中,TraceOnTraceOffの設定は,大域変数の値を再設定することで変更できる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

関数 g を評価する式の評価をトレースする:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

g の中の評価だけをトレースする:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
バージョン 2 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »