Trigger

Trigger[Dynamic[u]]
押されると,動的に更新された u の値が時間につれて0から1まで連続的に増加するようにする,トリガを表す.

Trigger[Dynamic[u], {umin, umax}]
トリガされると u から まで変化させる.

Trigger[Dynamic[u], {umin, umax, du}]
トリガされると刻み幅 duu を変化させる.

Trigger[Dynamic[u], {umin, umax}, ups]
トリガされると1秒間に ups の割合で u の値を増加させる.

詳細とオプション詳細とオプション

  • Manipulateでは,ControlType->Triggerで特定の変数をトリガで制御するように指定する.
  • 変数が範囲内を通過するようにトリガした後のデフォルトの継続時間は5秒間である.
  • Trigger[Dynamic[u], {umin, Infinity}]とすると,トリガされると1秒ごとに u が1増えながら永遠に実行される.
  • 使用できるオプション:
  • AnimationRateAutomatic変数が変化する割合
    AnimationRepetitions1停止までに何回実行するか
    AppearanceAutomaticトリガオブジェクトの全体的な外見
    AppearanceElementsAutomatic表示されたトリガに含まれる要素
    Exclusions{}除外すべき特定の u の値
    DefaultDuration5.デフォルトの継続時間(秒)
    DisplayAllStepsFalseすべての離散ステップを強制的に表示するかどうか
    EnabledAutomaticトリガを有効にするか,灰色表示(無効)にするか
    ImageMargins0表示されたトリガの周囲の余白
    ImageSizeAutomatic表示されたトリガの全体的な画像サイズ
  • デフォルトのトリガにはの要素が含まれる.これらの要素は,AppearanceElementsの設定値として与えられたリストで指定できる.要素の順序は問わない.これらの他に,Animatorのアピアランス関連要素すべてが使える.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

変数の更新を動的にトリガする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »