UnderoverscriptBoxOptions

この関数は Mathematica システムに完全に統合されていません.変更される可能性があります.

UnderoverscriptBoxOptions->{opt1->val1, opt2->val2, ...}
UnderoverscriptBox オブジェクトの設定を指定するオプションである.

詳細詳細

  • 設定可能なオプション:
  • BaseStyle{}使用されるベーススタイル
    DiacriticalPositioningAutomaticdiacritical記号(例:発音符号)が基となる文字からどのような間隔で表示されるかを指定
    LimitsPositioningAutomatic従来の記述における上限値と下限値の配置に従って,真上付き文字と真下付き文字の位置の調整をするかどうかを指定
    MultilineFunctionAutomaticUnderoverscriptBoxのコンテンツが長すぎて1行に収まらないときに,複数行に分けるかどうかを指定
  • UnderoverscriptBoxCtrl+$に続きCtrl+%と入力することで作成される.
バージョン 4.0 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »