ValidationLength

ValidationLength
FindSequenceFunctionおよび関連関数のオプションで,求まった潜在的表現の検証に使う入力数列中の要素数を指定する.

詳細詳細

  • ValidationLength->p の設定では,入力数列の最後の p 要素が候補となった表現の正しさの検証に使われる.
  • 最後の p 要素は可能な表現の検索には使われない.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

最後の2つの値を使って候補の表現の検証する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

検証に最後の3つの値を使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 7 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »