VertexCoordinateRules

VertexCoordinateRules
GraphPlotおよび関連関数のオプションであり,頂点を置く座標を決める規則を指定する.

詳細詳細

  • VertexCoordinateRules->{va->ra, vb->rb, ...}は名前 , , ...を持つ頂点の明示的な座標を指定する.
  • VertexCoordinateRulesで与えられる規則で明示的に座標が指定されない頂点には,グラフのレイアウトの手続きで自動的に座標が割り当てられる.
  • vk->Automaticの設定では,という名前の頂点には自動的に座標が割り当てられる.
  • vk->{x, Automatic}は明示的な x 座標は定義するが,y 座標は自動的に割り当てられるように指定する.vk->{Automatic, y}は,明示的な y 座標を定義する.
  • VertexCoordinateRulesで与えられる規則は,任意パターンを含んでいてもよい.
  • 自動的に生成される座標の範囲はDataRangeオプションの設定値で自動的に決められる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (4)例 (4)

すべての頂点の座標を指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

座標だけを使ってすべての頂点の座標を指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

いくつかの頂点の座標を指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

座標について座標を指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »