VertexLabels

VertexLabels
Graphおよび関連関数のオプションかつ特性で,頂点に使うラベルおよびラベル位置を指定する.

詳細詳細

  • 使用可能なオプション設定:
  • None頂点ラベルは使わない
    Automatic頂点に自動的にラベルを付ける
    "Name"頂点名をラベルとして使う
    {v1->lbl1,v2->lbl2,...}頂点 というラベルを付ける
  • ラッパーLabeled[v, lbl]Property[v, VertexLabels->lbl]に等しく,Graph等の関数でグラフを作成する際に使うことができる.
  • 任意の式がラベルとして使える.
  • Labeled[v, lbl, pos]Placed[lbl, pos]を使って頂点ボックスの相対的な位置にラベルを置くことができる.
  • 次の位置 pos は頂点ラベルの位置を決める際のLabeledPlacedに使うことができる.
  • Tooltip, StatusAreaマウスオーバーでツールチップとしてあるいは状態エリアとして示す
    Center頂点の中心にラベルを置く
    Before,After,Below,Above前,後等の外側にラベルを置く
    Left,Right,Bottom,Topラベルを左,右等の内側に置く
    {Before,Below},{After,Below},...ラベルを前/下等のコーナーの外側に置く
    {Left,Bottom},{Right,Bottom},...ラベルを左/下等のコーナーの内側に置く
    {{vx,vy},{lx,ly}}頂点の中のスケールされた位置にあるラベルの中のスケールされた位置

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

個々の頂点にラベルを付ける:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

すべての頂点にラベルを付ける:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

任意の式をラベルとして使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »