ViewAngle

ViewAngle
Graphics3Dおよび関連関数のオプションであり,3Dシーンを見るために使用する擬似カメラのための開口半角を与える.

詳細詳細

  • 次の設定を使うことができる.
  • Allすべてを見るのに十分な開口半角
    Automatic35^◦の最大開口角(デフォルト)
    ラジアンによる明示的な半開口角
  • ViewAngle->Allの設定では,完全な境界ボックスあるいは外接球が,可能な場合は最終的な2Dの表示画面だけを満たす.
  • デフォルト設定のAutomaticは,擬似カメラが対象から離れているときにはAllに等しい.しかしカメラが近くても35^◦より大きくならないようになっている.
  • ViewAngle->35Degreeは,人間工学やカメラで使われる典型的な視野である.
  • ViewAngleの設定変更は,カメラのズームのような効果がある.
  • ViewMatrixの明示的な設定値はViewAngleの設定に優先する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

擬似カメラに特定の半角を用いる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

デフォルトの35°半角では,特定のViewVector設定には不十分なことがある:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

視野にすべてのオブジェクトが入るように自動的に半角を選ぶ:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »