Visible

Visible
ノートブックのオプションで,ノートブックをスクリーン表示するかどうかを指定する.

詳細詳細

  • スクリーン表示禁止の設定であるVisible->Falseになっているときでも,ノートブックをカーネルから操作することは可能である.
  • CreateWindow[Visible->False]は,新規のウィンドウを作成するが,表示しない.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

表示されないドキュメントを作る:

In[1]:=
Click for copyable input

たとえ見えなくてもノートブックを操作することはできる:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

ノートブックを可視にする:

バージョン 3 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »