WatershedComponents

WatershedComponents[image]
image の流域変換を計算し,結果を集水流域に正の整数でラベルを付けた行列で返す.

WatershedComponents[image, marker]
バイナリ画像 marker を使って流域が形成されるかもしれない範囲を示す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • WatershedComponents[image]image の各領域内の最小値で流域を求める.
  • WatershedComponents[image, marker]はバイナリ画像 marker 中の前景領域に対応する位置のみで流域を求める.
  • WatershedComponents[image, marker]では,marker は,画像,グラフィックスオブジェクト,あるいは x が0から幅まで,y が0から高さまでで位置が画像の左下コーナーに相当する標準的な画像座標系における点のリストとして与えられる.
  • 一般に,marker の非零要素は分割のシードとして扱われる.
  • WatershedComponentsが返すラベル行列では,0はいかなる前景成分にも属さない位置を表す.
  • WatershedComponentsは,バイナリ画像,グレースケールの画像,その他の画像に使うことができる.
  • 多チャンネル画像では,WatershedComponentsは全チャンネルの強度平均に対して働く.
  • WatershedComponents[image, Method->method]は流域変換を計算するメソッドを指定する.
  • デフォルト設定はMethod->"Watershed"である.使用可能な設定値:
  • "Watershed"モルフォロジー学的流域メソッド(Meyer)
    "Basins"修正流域アルゴリズム(Beucher, Meyer)
    "Rainfall"勾配降下法あるいは降雨アルゴリズム(Osma-Ruiz)
    "Immersion"流域イマージョンアルゴリズム(Vincent-Soille)
    {"MinimumSaliency",t}境界の最低の高さが t より低い場合に隣接流域を統合する勾配降下法
  • メソッドとメソッドはラベル行列中で0で表される分水界線を返す.
  • メソッドでは,4つの直接近傍のみが隣接しているとみなされる.他のメソッドはすべて指定された画素の周りの8画素すべてを隣接するものとみなす.
  • CornerNeighbors->Falseと設定すると,WatershedComponentsは直接連結した画素のみに基づいて分割を求める.
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »