WaveletScale

WaveletScale
ContinuousWaveletTransformおよび関連構造のオプションで,分解できる最小スケールの指定に使われる.

詳細詳細

  • WaveletScale ContinuousWaveletTransformの分解可能な最小スケールを表す.
  • 一様にサンプルとして取られた列の連続ウェーブレット変換はw(u,s)=1/(sqrt(s))sum_(k=1)^nx_k TemplateBox[{psi}, Conjugate]((Delta (k-u))/s)で与えられる.
  • スケーリングパラメータ 等分平均律音階 によって与えられる. はオクターブの数, は音の数, は最小のウェーブレットスケールを表す.
  • WaveletScale のデフォルト値はAutomaticである. の値はより大きい任意の数でよい.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

WaveletScaleは変換に使われる最小分解スケールを示す:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input

使用されるスケールは で与えられる. はウェーブレットスケール, はオクターブ, は音である:

In[4]:=
Click for copyable input
In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »