WeatherData

WeatherData[loc, "property"]
loc に相当する場所の指定の気象特性の直近の測定値を返す.

WeatherData[loc, "property", date]
指定された日付期間のすべての測定値を返す.

WeatherData[loc, "property", {start, end}]
start から end までの期間の日付と測定値のリストを返す.

WeatherData[loc, "property", {start, end, step}]
step で表された期間内の測定値の総計を返す.

詳細詳細

  • WeatherDataは,世界中の標準的なすべての測候所の現行および観測史上の気象データを与える.
  • WeatherData[loc, ...]の場所 loc等のICAOコード,等のWMOコード,等のNCDC ID,等のアマチュア測候所コード,あるいはその他の標準的な測候所認識子で指定することができる.
  • 場所はとして,あるいはCityDataで使われているタイプの都市指定を使って指定することもできる.後者の場合,WeatherData[loc, ...]は最寄りの高信頼性測候所の結果を返す.
  • WeatherData[spec]はデータが回収可能な spec の最寄りの測候所を返す.
  • WeatherData[{spec, n}]はデータが回収可能な n ヶ所の最寄りの測候所を返す.
  • WeatherData[loc, "property", date]はデフォルトで,date が協定世界時(UTC)で与えられるものとし,すべての出力に協定世界時を使う.
  • 日付はDateListあるいはDateStringの形式で指定することができる.
  • 時間指定stepあるいはである.Allとすると観察記録がすべて返される.
  • オプションTimeZone->z で異なる時刻帯を使うことができる.
  • 使用可能な設定値:
  • 0協定世界時
    $TimeZone使用しているコンピュータの現行時刻帯
    z協定世界時のオフセット z
  • 測候所識別関連特性:
  • "Memberships"WMO,NCDC,CWOPレポートネットワークメンバーシップ
    "NearestStation"最寄りの測候所とそこまでの距離 (km)
    "StationDistance"指定の場所と測候間の距離(km)
    "StationName"測候所名
  • WeatherDataは世界中の測候所からの観測気象データを取り出すことができる.
  • 特性の中には観測後数日を経なければ入手できないものもある.
  • 瞬間的な観測特性:
  • "CloudCoverFraction"空の雲に隠されている部分の割合
    "CloudHeight"5/8が雲に隠されている高度
    "CloudTypes"観察される雲のタイプ
    "DewPoint"露点温度 (°C),
    "Humidity"相対湿度
    "PrecipitationRate"平均降水量(cm/hr)
    "Pressure"大気圧 (mb)
    "PressureTendency"気圧が下がっているか,安定しているか,上がっているかによって, あるいは
    "SnowAccumulationRate"平均降雪量(cm/hour)
    "SnowDepth"積雪量(cm)
    "StationPressure"高度による修正を加えていない気圧
    "Temperature"気温 (°C)
    "Visibility"視界 (km)
    "WindChill"体感温度(°C)
    "WindDirection"風向き(度)
    "WindGusts"突風速度 (km/h)
    "WindSpeed"突風速度 (km/h)
  • 観察から次の観察までで集計される特性:
  • "Conditions"天気状況のリスト(霧,竜巻,雷雨)
    "PrecipitationAmount"直近の降水量と持続時間
    "PrecipitationTypes"観察された降水の種類(雹,雨,雪)
    "SnowAccumulation"直近の降雪量と持続時間
  • 総計特性:
  • "MaxTemperature"最高気温 (°C)
    "MaxWindSpeed"最高風速 (km/h)
    "MeanDewPoint"平均露点温度 (°C)
    "MeanHumidity"平均湿度
    "MeanPressure"平均気圧 (mb)
    "MeanStationPressure"平均現地気圧 (mb)
    "MeanTemperature"平均気温 (°C)
    "MeanVisibility"平均視界 (km)
    "MeanWindChill"平均体感温度 (°C)
    "MeanWindSpeed"平均風速 (km/h)
    "MinTemperature"最低気温 (°C)
    "TotalPrecipitation"降水量(cm)
    "WindGusts"突風速度(km/h)
  • 測候所特性:
  • "Coordinates"測候所の経緯度
    "DateRange"測候所の入手可能な観測データの観測開始日と観測終了日
    "Elevation"測候所の高度 (m)
    "Latitude"測候所の緯度(度)
    "Longitude"測候所の経度(度)
  • WeatherData["name", "property", ..., "form"]は次のようなさまざまな形式でデータを返すことができる.
  • "DateNonMetricValue"非メートル法による形式のリスト
    "DateValue"メートル法による形式のリスト
    "DateValueQuality" 形式のリスト
    "NonMetricValue"非メートル法のみによる値
    "Value"メートル法のみによる値
  • WeatherData["name", "property", ..., "ann"] は特性に関連するさまざまな注釈を与える.よく使われる注釈の主なもの:
  • "Description"特性の説明
    "LongDescription"特性のテキストによる長めの説明
    "Units"与えられた値の単位
    "UnitsName"使用単位の英語名
    "UnitsNotation"使用単位の表記法
    "UnitsStandardName"使用単位の Mathematica における標準名

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (5)例 (5)

シカゴの現在の気温:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

指定された座標付近の風速:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

2008年3月の気圧をプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

2007年の1日の平均気温をプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

2000年から2005年までの月間降水量をプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 7 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »