WindowStatusArea

WindowStatusArea
ノートブックのオプションであり,ノートブックを表示するのに使われるウィンドウ枠のステータスエリアに何を表示すべきかを指定する.

詳細詳細

  • WindowStatusArea->Automaticでは,マウスポインタの現行位置にあるStatusAreaオブジェクトで指定されたものがステータスエリアに表示される.
  • WindowStatusArea->Noneでは,ステータスエリアは常に空白になる.
  • WindowStatusArea->"string"は,ステータスエリアに表示する特定の文字列を指定する.
  • WindowStatusAreaの設定は,ウィンドウ内の特定のStatusArea構文で無効にすることができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

ステータスエリアにタイムスタンプを押す:


ステータス行に動的に更新される時計を表示する:

バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »