Write

Write[channel, expr1, expr2, ...]
一連の式 に改行を付けたものを指定された出力チャンネルに書き出す.

詳細詳細

  • 出力チャンネルには,単一のファイルやパイプ,またはこれらのリストが使える.これらは,名前を与える文字列かOutputStreamオブジェクトで指定される.
  • Writeは,最低レベルの Mathematica の出力関数で,PrintMessage等の関数を定義する.
  • 指定されたファイルやパイプがまだ開かれていない場合,Writeは,OpenWriteを呼び出してこれらを開く.
  • Writeは,書き出しを終了した後,これらのファイルやパイプを閉じない.
  • デフォルトにより,Writeは,使用される出力ストリームにFormatTypeオプションの設定で指定された形式の出力を作成する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

ストリームを開く:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ストリームに書く(Write):

In[2]:=
Click for copyable input

ストリームを閉じる:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

ファイルを読む:

バージョン 1 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »