MLCreateMark()

MLMARK MLCreateMark(MLINK link)
リンク上の式の列の中での現在位置にマークを作る.

詳細詳細

  • MLCreateMark()を呼び出すことによって,リンク上の式の流れの中にブックマークを作成することができる.このマークを作っておくことによって,後で式の流れの中のマークされた点に戻ることができる. MLCreateMark()は効果的にリンク上の式を記録し始めてくれる.
  • MLCreateMark()はエラーがあると,(MLMARK)0を返す.
  • MLCreateMark()MathLink ヘッダファイル mathlink.hの中で宣言される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

#include "mathlink.h"

/* check for a ReturnPacket and go back in the expression stream if necessary */

void f(MLINK lp)
{
    MLMARK mark;
    int args;

    mark = MLCreateMark(lp);
    if(mark == (MLMARK)0)
        { /* mark creation failed */ }

    if(! MLTestHead(lp, "ReturnPacket", args))
        {
            MLSeekToMark(lp, mark, 0);
            MLDestroyMark(lp, mark);
        }
    else
        { /* read the ReturnPacket[] */ }
}
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »