MLDestroyMark()

void MLDestroyMark(MLINK link, MLMARK mark)
リンク上の指定されたマークを破壊する.

詳細詳細

  • MLDestroyMark()を呼び出すことによって,マークの後で記録された式を保持するのに用いていたメモリを解放する.
  • MLDestroyMark()MathLink ヘッダファイルmathlink.hの中で宣言される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

#include "mathlink.h"

/* create a mark in a link, read some data, then back up */

void f(MLINK lp)
{
    MLMARK mark;

    mark = MLCreateMark(lp);
    if(mark == (MLMARK)0)
        { /* mark creation failed */ }

    /* read data from the link */

    MLSeekToMark(lp, mark, 0);

    MLDestroyMark(lp, mark);
}
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »