MLENV


MathLink 形式の一つでMathLink ライブラリ環境を表す.

詳細詳細

  • MathLink 環境オブジェクトは,プログラムの実行中にMathLink の大域状態を保存する.
  • MLENVは,ファイルmathlink.hの中で定義される.このことは,MathLink と互換性がある任意のプログラムのソースコードに含まれなくてはならない.
  • MLENVオブジェクトはMLInitialize()関数によって作成され,MLDeinitialize()関数によって割当てを解かれる.
  • それぞれのMathLink プログラムは,MathLink の他の機能性にアクセスする前にMLENVオブジェクトを作成しなくてはならない.
  • MLENVMathLink ヘッダファイルmathlink.hの中で宣言される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

#include "mathlink.h"

int main(int argc, char **argv)
{
    MLENV env;
    MLINK link;
    int error;

    env = MLInitialize((char *)0);
    if(env == (MLENV)0)
        { /* unable to initialize the MathLink environment */ }

    link = MLOpenArgcArgv(env, argc, argv, &error);
    if(link == (MLINK)0 || error != MLEOK)
        { /* unable to create the link */ }

    /* ... */

    MLClose(link);
    MLDeinitialize(env);
    return 0;
}
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »