MLGetByteSymbol()

int MLGetByteSymbol(MLINK link, const unsigned char **sp, int *len, long spec)
link で指定された MathLink 接続から記号の名前に該当する文字列を得て,結果として与えられた文字列を sp に,そして文字数を len に保持しておく. コード specMathematica 上の文字コードが255より大きい任意の文字に使われる.

詳細詳細

  • MLGetByteSymbol()は文字コードの配列にメモリを割り当てる.このメモリを開放するためには,MLReleaseByteSymbol()を呼び出さなければならない.MLGetByteSymbol()が不成功で関数の返す値がエラーを示している場合には,sp に含まれている値についてMLReleaseByteSymbol()を呼び出してはならない.
  • MLGetByteSymbol() は特殊文字が現れない状況では便利である.
  • MLGetByteSymbol()で使用される文字コードは,Mathematica 内でToCharacterCodeが返すコードと同一である.
  • MLGetByteSymbol()で返される文字コードの配列は,空白文字で終らない.
  • 改行のような文字は,等のASCII形式ではなく,原始文字コードで特定される.
  • MLGetByteSymbol()は不変のデータを返す.
  • MLGetByteSymbol()はエラーがあると0を返し,関数が成功すると0以外の値を返す.
  • MLError()を使うと,MLGetByteSymbol()が不成功の場合にエラーコードを引き出すことができる.
  • MLGetByteSymbol()MathLink ヘッダファイルmathlink.hの中で宣言される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

#include "mathlink.h"

/* read a symbol encoded with codes from ToCharacterCode[] from a link */

void f(MLINK lp)
{
    const unsigned char *symbol;
    int length;

    if(! MLGetByteSymbol(lp, &symbol, &length, 0))
        {
            /* unable to read the byte-encoded symbol from lp */
            return;
        }

    /* ... */

    MLReleaseByteSymbol(lp, symbol, length);
}
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »