MLGetType()

int MLGetType(MLINK link)
link で指定されたMathLink 接続上の現行オブジェクトの型を得る.

詳細詳細

  • MLGetNext()とは異なり, MLGetType()link 上の次のオブジェクトに進まないので,同じオブジェクトについて2回以上安全に呼び出すことができる.
  • 次の型を返すことができる:
  • MLTKERRエラー
    MLTKINT整数
    MLTKFUNC合成関数
    MLTKREAL近似実数
    MLTKSTR文字列
    MLTKSYM記号
    MLTKOLDINT古いバージョンのMathLink ライブラリからの整数
    MLTKOLDREAL古いバージョンのMathLink ライブラリからの近似実数
    MLTKOLDSTR古いバージョンのMathLink ライブラリからの文字列
    MLTKOLDSYM古いバージョンのMathLink ライブラリからの記号
  • MLTKINTMLTKREALは, 必ずしもC言語のint型とdouble型の変数で保持できる数字を意味するわけではない.
  • MLGetType()MathLink ヘッダファイルmathlink.hの中で宣言される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

#include "mathlink.h"

/* read the type of the expression from a link */

void f(MLINK lp)
{
    switch(MLGetType(lp))
    {
        case MLTKINT:
            /* read the integer */
        case MLTKREAL:
            /* read the floating point number */
        case MLTKSTR:
            /* read the string. */

        /* ... */
    }
}
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »