MLGetYieldFunction()

MLYieldFunctionObject MLGetYieldFunction(MLINK link)
link で参照されたリンクに対して,現在インストールされている降伏関数を返す.

詳細詳細

  • MathLink APIの呼出しは,データが読取りに使えるようになるか,あるいは書込みに必要な容量ができるようになるまで,阻止されることがある.その阻止時間中にアプリケーションで他の有用な処理を行う必要がある場合は,そのアプリケーションにリンクのための降伏関数をインストールすれば,MathLink が自動的に阻止時間中に降伏関数の呼出しを行うようになる.
  • link に降伏関数がインストールされていない場合には,MLGetYieldFunction()(MLYieldFunctionObject)0を返す.
  • MLGetYieldFunction()MathLink ヘッダファイルmathlink.hの中で宣言される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

#include "mathlink.h"

int AppYieldFunction1 (MLINK mlp, MLYieldParameters yp)
{
    /* ... */
    return 0;
}

int AppYieldFunction2 (MLINK mlp, MLYieldParameters yp)
{
    /* ... */
    return 0;
}


/* check which yield function is installed in a link */

int f(MLINK lp)
{
    MLYieldFunctionObject yf;

    yf = MLGetYieldFunction(lp);
    if(yf == (MLYieldFunctionObject)AppYieldFunction1) return 1;
    else if(yf == (MLYieldFunctionObject)AppYieldFunction2) return 2;
    else if(yf == (MLYieldFunctionObject)0) return 0;

    return -1;    
}
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »