MLOpenString()

MLINK MLOpenString(MLENV env, const char *string, int *errno)
文字列から引数を取って,MathLink 接続を開く.

詳細詳細

  • MLOpenString()を呼び出す前に,MLInitialize()を呼び出さなくてはならない.
  • MLOpenString()は,MLOpenArgcArgv()で使われるargv 配列の代わりに文字列を1個取る.
  • 文字列中の引数はスペースで区切られる.
  • コンピュータシステムによっては, 文字列ポインタの代わりにNULLを与えることによって,通常ダイアログボックスを通して,引数が対話形式で要求されることもある.
  • MLOpenString()MathLink ヘッダファイルmathlink.hの中で宣言される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

#include "mathlink.h"

int main()
{
    MLENV env;
    MLINK link;
    int error;

    env = MLInitialize((char *)0);
    if(env == (MLENV)0)
        { /* unable to initialize MathLink environment */ }

    link = MLOpenString(env, "/usr/local/bin/math -mathlink", &error);
    if(link == (MLINK)0 || error != MLEOK)
        { /* unable to create link to the Kernel */ }

    /* ... */

    MLClose(link);
    MLDeinitialize(env);

    return 0;
}
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »