MLPutByteString()

int MLPutByteString(MLINK link, const unsigned char *s, int n)
s の場所から始まるn 文字の文字列をlink で指定されたMathLink 接続に置く.

詳細詳細

  • 文字列中のすべての文字は,MathematicaToCharacterCode から得られる文字コードを使って指定されたものでなければならない.
  • したがって,改行は\nではなく,原始文字コードを使って指定されなければならない.
  • MLPutByteString()はコードが256未満の文字しか扱わない.
  • 通常のASCII文字はもちろん,ISO ラテン-1 文字も扱える.
  • MLPutByteString()はエラーがあると0を返し, 関数が成功すると0以外の値を返す.
  • MLError() を使うと,MLPutByteString()が不成功の場合にエラーコードを引き出すことができる.
  • MLPutByteString()MathLink ヘッダファイルmathlink.hの中で宣言される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

#include "mathlink.h"

/* transfer a string from a source link to a destination link */

void f(MLINK sourcelink, MLINK destinationlink)
{
    const unsigned char *string;
    int length;

    if(! MLGetByteString(sourcelink, &string, &length, 0))
        { /* unable to get the string from sourcelink */ }

    if(! MLPutByteString(destinationlink, string, length))
        { /* unable to put the string to destination link */ }
}
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »