MLSetEnvIDString()

int MLSetEnvIDString(MLENV env, const char *eid)
MathLink 環境の識別文字列をeid に設定する.

詳細詳細

  • 任意のパケットデータを送信する前に,リンクの向こう側に識別の形を提供したほうがよいこともある.MLSetEnvIDString() がアプリケーションの識別文字列を設定し,MathLink はその文字列をMLActivate() の時間中に任意のリモートMathLink 接続と交換する.
  • MLSetEnvIDString() はエラーがあると0を返し,関数が成功すると0以外の値を返す.
  • MLSetEnvIDString()MathLink ヘッダファイル mathlink.hの中で宣言される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

#include "mathlink.h"

int main()
{
    MLENV env;

    env = MLInitialize((char *)0);
    if(env == (MLENV)0)
        { /* unable to initialize the MathLink environment */ }

    if(! MLSetEnvIDString(env, "Your Company Inc. App 25"))
        { /* unable to set app ID string */ }

    /* ... */    

    MLDeinitialize(env);
    return 0;
}
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »