MLSetSignalHandler()

int MLSetSignalHandler(MLENV env, int s, void *sa)
オブジェクトsa で詳述されるUnix信号ハンドラ(処理)システムを信号s のために,MathLink ライブラリ信号処理構造の中にインストールする.

詳細詳細

  • MLSetSignalHandler()は,Microsoft Windowsには作動しない.
  • sa は,Unixのsigaction structのポインタである.sigaction構造に関する詳細については,ほとんどのUnixやUnixに似たシステム上にあるヘッダファイルsignal.hを参照するとよい.
  • MLSetSignalHandler()は,エラーがない場合にはMLEOKを返し,エラーがある場合にはmathlink.hにリストされている他のエラーコードの一つを返す.
  • MLSetSignalHandler()MathLink ヘッダファイルmathlink.hの中で宣言される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

#include <signal.h>
#include "mathlink.h"

void app_signal_handler(int signum)
{
    /* ... */
}

/* set a signal handler in the MathLink environment */

void f(MLENV ep)
{
    struct sigaction sa;
    int err;

    sa.sa_handler = (void (*)(int))app_signal_handler;
    sigemptyset(&sa.sa_mask);
    sa.sa_flags = 0;


    /* install app_signal_handler for SIGHUP */
    err = MLSetSignalHandler(ep, SIGHUP, (void *)&sa);
    if(err != MLEOK)
        { /* unable to set the signal handler in ep */ }
}
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »