mathlink.h


MathLink ヘッダファイル

詳細詳細

  • MathLink C関数は,ファイルmathlink.hの中で宣言される.このことは, 任意のMathLink 互換プログラムのソースコードに含まれるべきである.
  • #define MLPROTOTYPES 0#include "mathlink.h"の前に特定しない限り,MathLink 関数が標準C言語のプロトタイプとともに含まれる.
  • 次の特別な型はmathlink.hの中で定義される:
  • MLINKMathLink リンクオブジェクト (Mathematica LinkObject に似ている)
    MLMARKMathLink の流れの中のマーク
    MLENVMathLink ライブラリ環境
  • 次の定数はMathLink テンプレートファイルが処理されるときに設定される:
  • MLINK stdlinkMathLink テンプレートで構築されたプログラムをMathematica に接続する標準リンク
    MLINK stdenvMathLink テンプレートから構築されたプログラム内の標準MathLink 環境
  • mathlink.hで定義される関数はすべてC言語関数である. これらの関数は,適切なラッパーを使って他の言語から呼び出すことができる.
  • intを返すmathlink.h 内で定義されるすべての関数は,関数が成功するとゼロ以外の値を返す.それ以外の場合には0を返し,効果がない.
  • MathLink テンプレート(.tm ファイル)を使って設定されたプログラムでは,Mathematica へのリンクはstdlinkと呼ばれる.
  • mathlink.hで定義されて,データをリンクに置く関数はすべて,データを保持するのに使われたメモリを解放しない.リンクからデータを得る関数は,データを保持するのにメモリを割り当てるかもしれない. リンクからデータを得る関数は,必要とするデータが使用できるようになるまで返さない.降伏関数を登録して,待っている間呼び出すことができる.
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »