AIFF (.aif,.aiff,.aifc)

MIMEタイプ:audio/aiffaudio/x-aiffaudio/x-aifc
AIFFデジタル音声形式.
一般にプロ仕様の音声処理アプリケーションやMacintosh上で使用される.
AIFFはAudio Interchange File Format の頭文字である.
バイナリファイル形式.
音声データが無圧縮のモノラル,またはステレオ波形として保存される.
各種の解像度とサンプリングレートをサポートする.
Appleその他によって1988年に開発された.
  • ImportExport はAIFFファイルで一般に使われるすべての音声符号をサポートする.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.aif"]はAIFFファイルをインポートし,サウンドオブジェクトを返す.
  • Export["file.aif", expr]はサウンドオブジェクトを16ビットパルス符号化変調方式で符号化されたAIFFファイルにエキスポートする.
  • Import["file.aif"]Sound[SampledSoundList[data, r]]という形式の式を返す.
  • Export["file.aif", expr]はサウンドオブジェクトexpr からAIFFファイルを作成する.
  • Import["file.aif", elem]はAIFFファイルから指定された要素をインポートする.
  • Import["file.aif", {elem, suba, subb, ...}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.aif", {{elem1, elem2, ...}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file", "AIFF"]またはImport["file", {"AIFF", elem, ...}]で指定できる.
  • Export["file.aif", expr, elem]expr が要素elem を指定しているとしてAIFFファイルを作成する.
  • Export["file.aif", {expr1, expr2, ...}, {{elem1, elem2, ...}}]は各 が対応する を指定しているとして扱う.
  • Export["file.aif", expr, opt1->val1, ...]は指定の値を持つ指定のオプション要素でexpr をエキスポートする.
  • Export["file.aif", {elem1->expr1, elem2->expr2, ...}, "Rules"]は規則を使ってエキスポートする要素を指定する.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはAIFFデータ形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則
  • データ表現要素:
  • "Data"実数のリストとして与えられ,各部分リストが個々の音声チャンネルを表している生の音声サンプル
    "SampledSoundList"SampledSoundListとして与えられたAIFFファイル
    "Sound"Soundオブジェクトで表されたAIFFファイル
  • 要素はSampledSoundListの第1引数に対応する.
  • 複数のチャンネルは音声サンプルの配列として表される.
  • ImportExportはデフォルトで要素をAIFFファイルに使用する.
  • Importの高度な要素:
  • "SampleRate"秒・チャンネルあたりの振幅サンプルの数

オプションオプション

  • 一般的なExportオプション:
  • SampleRateAutomaticそれぞれのチャンネルにおける一秒あたりの振幅サンプルの数
  • 詳細な属性と設定:
  • "AudioChannels"Automaticファイル中の音声チャンネル数
    "AudioEncoding""Integer16"サンプルがどのように符号化されるか
  • WAVにエキスポートされる際にサンプルレートが指定されていない場合,エキスポートされたサウンドの中の最も高いサンプルレートが使用され,必要に応じてすべてのサウンドが再サンプリングされる.
  • チャンネル数が指定されていない場合,最も多い同時使用チャンネル数が採用され,必要であれば無音が挿入される.
  • がエキスポートされるチャンネル数よりも少ない値n に設定された場合,最初のn チャンネルのみエキスポートされる.
  • AIFF形式は通常PCM(パルス符号化変調)音声符号を使用するが,他の符号化方式もサポートする.
  • オプションを使って以下の符号化方式が指定できる:
  • "UnsignedInteger8"符号無し8ビットPCM
    "Integer8"8ビットPCM
    "Integer16"16ビットPCM
    "Integer24"24ビットPCM
    "Integer32"32ビットPCM
    "IMA-ADPCM"適応型差動PCM
    "Real32"32ビットIEEE浮動小数点
    "Real64"64ビットIEEE浮動小数点
    "aLaw"a-Law 4ビットPCM(ITU-T G.711標準)
    "uLaw"-Law 4ビットPCM(ITU-T G.711標準)
    "GSM610"GSM 6.10コーデック(ETSI 6.10標準)
    "DWVW-12"12ビットDWVW
    "DWVW-16"16ビットDWVW
    "DWVW-24"24ビットDWVW
  • 全てのコーデックが任意のサンプリングレートとチャンネル規格をサポートしている訳ではない.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

AIFFサンプルファイルをインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Playで1秒間のサウンドサンプルを作成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

AIFFにエキスポートする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

24ビットAIFFにエキスポートする:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
バージョン 4 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »