ApacheLog

Apacheのログファイル.
Apache Webサーバのネイティブログファイル形式.
一般的な変種はApache Common LogとApache Access Logである.
Mathematica ライセンスマネージャMathLM でも使用されている.
テキスト形式.
Webサーバのトランザクション情報を保存する.
それぞれのレコードは一行テキストで表される.
ユーザがカスタマイズしたレコード書式が使える.
  • Importは一般的なすべてのApacheログ形式の変種の他,Wolfram MathLM ログファイル.ユーザがカスタマイズしたログ形式が読み込める.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file", "ApacheLog"]はApacheログファイルをインポートする.
  • Import["file", "ApacheLog"]はApacheログファイルを読み込み,内容を表で返す.
  • Import["file", {"ApacheLog", elem}]はApacheログファイルから指定の要素をインポートする.
  • Import["file", {"ApacheLog", {elem1, elem2, ...}}]は複数の要素をインポートする.
  • 形式はApacheログファイルのインポートの際は必ず指定しなくてはならない.
  • Importについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringはApacheログ形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則
  • データ表現要素:
  • "Data"リストのリストとして表されたファイルの内容
  • Importはデフォルトで要素をApacheログファイルに使う.
  • 個々のデータフィールドを選択する:
  • "Attachments"メッセージに添付されたファイル
    "ByteCount"クライアントに返されるオブジェクトのバイトサイズ
    "Date"文字列で与えられるトランザクションの日付と時間
    "Referrer"クライアントが参照されていることを報告したサイト
    "RemoteHost"クライアントのIPアドレスまたはホスト名
    "RemoteUser"HTTP認証で決定されたクライアントのユーザID
    "RequestLine"クライアントの文字列の要求で,通常要求されたオブジェクトのパスとプロトコル情報が含まれる
    "SessionID"ユーザセッションを区別する文字列
    "StatusCode"HTTP仕様 (RFC2616)で定義されている,サーバがクライアントに返したステータスコード
    "UserAgent"クライアントから報告されたブラウザ識別

オプションオプション

  • Importオプション:
  • "DataFormat"Automaticデータを表現する要素と1レコードを表現する要素間のセパレータのリストで与えられた書式指定
  • カスタマイズされたログ形式をインポートするには,を使ってデータ要素とレコードセパレータの組み合せとしてそれぞれのレコード書式を指定する.
  • Common LogファイルのImportには設定 を使う
  • Access Logファイルのデフォルトの書式は で与えられる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

ログファイル全体をレコードのリストとしてインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

このファイルで利用可能なImport要素を示す:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

日付フィールドのみ読み込む:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

全サーバリクエストを読み込む:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »