Base64 (.b64)

Base64バイナリテキストエンコード.
バイナリデータを表示可能なASCII文字列としてエンコードする.
一般的にバイナリの内容を電子メールで転送するのに使われる.
Base64エンコードはインターネットの標準化の勧告であるRFC 1421,2045に記述されている.
ASCII形式.
52文字の大文字と小文字のアルファベット,0から9の数字,の文字を使って64進数の位置的な数表示を形成する.
文字はBase64でエンコードされたデータの充填に使われる.
  • ImportExportはBase64エンコードをサポートする.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.ext.b64"]はBase64でエンコードされた.ext ファイルをインポートする.
  • Export["file.ext.b64", expr]は式をBase64でエンコードされた.ext ファイルにエキスポートする.
  • Import["file.b64"]はBase64でエンコードされたファイルをデコードし,ファイルの内容から自動的に形式を推測して,その内容を式にインポートする.
  • インポート形式は明示的にImport["file", {"Base64", "format"}]で与えることができる.
  • Import["file.ext.b64", elem]はBase64でエンコードされた.ext ファイルから指定の要素をインポートする.
  • Import["file.ext.b64", {elem, suba, subb, ...}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.ext.b64", {{elem1, elem2, ...}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式とファイルエンコードは,明示的にImport["file", {"Base64", "format", elems1, elems2, ...}]で指定できる.
  • Export["file.ext.b64", expr, elem]expr が要素elem を指定しているとしてBase64エンコードされた.ext ファイルを作成する.
  • Export["file.ext.b64", {expr1, expr2, ...}, {{elem1, elem2, ...}}]は各 が対応する を指定しているとして扱う.
  • Export["file.ext.b64", expr, opt1->val1, ...]は指定の値を持つ指定のオプション要素でexpr をエキスポートする..
  • Export["file.ext.b64", {elem1->expr1, elem2->expr2, ...}, "Rules"]は規則を使ってエキスポートする要素を指定する.
  • エキスポート形式とファイルエンコードは,明示的にExport["file", exprs, {"Base64", "format", elems}]で指定できる.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはBase64エンコードをサポートする

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

文字列をBase64エンコードに変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Base64でエンコードされたデータを読み込む際は形式を指定しなければならない:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

任意の式がBase64でエンコードできる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »