CDED

カナダデジタル高度データ.
アメリカ合衆国で地形高度データの配布の標準的な形式.
Canadian Centre for Topographic Information (CTI)標準.
ASCII形式.
通常ZIP圧縮ファイルで配布される.
ファイル拡張子.demはよく省略される.
高度データを1201×1201ラスタとして保存する.
CDEDには1:50,000と1:250,000の縮尺がある.
経度の格子の間隔は地域の緯度によって異なる.
1:50,000 CDED は0.75×0.75 秒または0.75×3 秒の格子の間隔を使う.
1:250,000 CDED は3×3 秒,3×6 秒または3×12 秒の格子の間隔を使う.
高度は平均的な海水位からの高さ(メートル)で表されている.
  • Import は CDEDレベル1標準をサポートしている.

ImportとExportImportとExport

  • Import["dir/"] はCDED ディレクトリをインポートして地形学的な地図を描画する.
  • Import["file.zip"]はCDED アーカイブファイルよりインポートする.
  • Import["dir/"]ReliefPlotを使い,CDED地形学的データファイルを描画する.
  • Import["dir/", elem] はCDEDより,指定された要素をインポートする.
  • Import["dir/", {elem, suba, subb, ...}]は子要素をインポートする.
  • Import["dir/", {{elem1, elem2, ...}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file", "CDED"]またはImport["file", {"CDED", elem, ...}]で指定できる.
  • CDED地形学的データをインポートする場合, Mathematica はCDED ディレクトリィやアーカイブファイルにある複数のファイルより情報を読む.
  • Importについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringはCDED形式をサポートしている.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Data"地形標高値の配列
    "Graphics"ReliefPlotとして描画されるDEMファイル
    "Image"生のDEMデータの画像オブジェクト
    "ReliefImage"ReliefImageとして描画されるDEMファイル
  • Import 要素:
  • "Data"地形高度の値の配列
    "Graphics"ReliefPlotとして描画されたCDEDデータ
  • ImportはデフォルトでCDED形式に を使う.
  • メタデータ要素:
  • "Dimensions"高度データ配列のサイズ
    "ElevationRange"高度の座標の範囲(メートル)
    "ElevationResolution"高度の値の解像度(メートル)
    "SpatialRange"地理座標の範囲(経度緯度)
    "SpatialResolution"格子の間隔(秒)
  • Import["file.zip", "ElevationRange"]はメートルで表されている高度範囲 を返す.
  • Import["file.zip", "SpatialRange"]はこのファイルで扱われている地理領域の境界の座標をの形式で返す.
  • ファイルで使用されている測地原点と準拠楕円体を表す要素:
  • "CoordinateSystem"ファイルで使用されている座標系の名前
    "Datum"測地原点
    "SemimajorAxis"準拠楕円体の長半径(メートル)
    "SemiminorAxis"準拠楕円体の半短径(メートル)
    "InverseFlattening"楕円の逆平坦化
    "LinearUnits"座標系単位
  • 地図投影法とそのパラメータを指定する要素:
  • "Projection"投影法名とパラメータ
    "Centering"投影の原点を定義する緯度と経度
    "StandardParallels"標準緯線
    "CentralScaleFactor"中心経線または投影中心におけるスケール因子
    "GridOrigin"中央緯線と中央経線のグリッド座標値
    "ProjectionName"使用されている投影法の Mathematica 標準名
    "ReferenceModel"どの基準球,準拠楕円体を使用するか
  • ファイルの低レベルメタ情報にアクセスする:
  • "CoordinateSystemInformation"ファイルに保管されている座標系の生のパラメータ
  • 地図投影法の詳細情報はGeoProjectionDataのページを参照のこと.

オプションオプション

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

CDED ディレクトリバンドルよりインポート:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

形式としてのインポートではバンドルに含まれるファイルが表示される:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

Import で可能な要素を表示する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

2つのメタデータ要素をインポートする:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
バージョン 6 の新機能 | バージョン 8 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »