Character8

8ビット文字の列.
生のバイナリ形式.
  • Import は任意のファイルを文字の列として読み込む.
  • Export はファイルに文字のリストを書き込む.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file", "Character8"]任意のファイルをインポートして8ビット文字のリストを返す.
  • Export["file", list, "Character8"] はバイナリファイルに文字のリストを書き込む.
  • Export["file", expr, "Character8"] は式を文字列に変換してバイトがそれぞれ文字を表すバイナリファイルにエキスポートする.
  • Import["file", {"Character8", elem}] または Import["file", elem ]は指定された要素をインポートする.
  • Import["file", {"Character8", {elem1, elem2, ...}}]は複数の要素をインポートする.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportString はCharacter8形式をサポートしている.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements" このファイルで可能な要素,オプション
    "Rules"それぞれの要素,オプションのための完全な規則
    "Options"オプション,属性,設定の規則
  • データ表現要素:
  • "Data"8ビット文字のリスト
  • ImportExport はデフォルトで 要素を使う.
  • Import["file", {"Character8", n}]file番目のバイトを返す.

オプションオプション

  • Import オプション:
  • "HeaderBytes"0ファイルの最初の部分でスキップするバイト数

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

文字のリストを8ビット文字配列を表す文字列に変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Mathematica は混合文字の式も8ビット文字に変換することができる:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

前の結果を式に戻す:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

マルチバイトの文字をCharacter8形式にエキスポートすることはできない:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 5.1 の新機能 | バージョン 6 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »