DICOM (.dcm,.dic)

MIMEタイプ:application/dicom
DICOM医療画像形式.
一般に医療画像設備や医療画像データのアーカイブ,通信アプリケーションで使用される.
DICOMはDigital Imaging and Communications in Medicineの頭字語である.
複数のラスタ画像を患者およびデバイス情報と共に保管する.
バイナリ形式.
種々の画像エンコードとデータ圧縮法をサポートする.
DICOM Version 3.0は1993年に導入された.
  • ImportExportはDICOM標準Section PS 3.10に適合するDICOMファイルを完全にサポートする.
  • ImportはACR/NEMA Version 2.0のファイルを読むこともできる.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.dcm"]はDICOMファイルをインポートし,Imageオブジェクトを返す.
  • Export["file.dcm", expr]はグラフィックスまたはその他の式を画像としてDICOMファイルにエキスポートする.
  • Mathematica グラフィックスや任意の式をDICOMにエキスポートすると,結果の画像はその表示形式と同じラスタサイズとなる.
  • 画像オブジェクトはデフォルトでそれぞれのラスタサイズでエキスポートされる.
  • DICOMはラスタ画像形式であるので,フォントはすべてエキスポートの際にラスタライズされる.
  • Import["file.dcm", elem]はDICOMファイルから指定の要素をインポートする.
  • Import["file.dcm", {elem, suba, subb, ...}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.dcm", {{elem1, elem2, ...}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file", "DICOM"]またはImport["file", {"DICOM", elem, ...}]で指定できる.
  • Export["file.dcm", expr, elem]expr が要素elem を指定してるとしてDICOMファイルを作成する.
  • Export["file.dcm", {expr1, expr2, ...}, {{elem1, elem2, ...}}]は各 が対応する を指定しているとして扱う.
  • Export["file.dcm", expr, opt1->val1, ...] は指定の値を持つ指定のオプション要素でexpr をエキスポートする.
  • Export["file.dcm", {elem1->expr1, elem2->expr2, ...}, "Rules"]は規則を使ってエキスポートする要素を指定する.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはDICOM形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements" ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則
  • データ表現要素:
  • "ColorMap"Importで作成される減色パレット
    "Data"色の値の配列
    "Graphics"画像を表すGraphicsオブジェクト
    "Image"Imageオブジェクトとして与えられるラスタグラフィックス
    "GrayLevels"正規化されたグレーレベル値の配列
  • "RawData"ファイルに保管されている生のビットマップデータ
    "RGBColorArray"RGBColorオブジェクトの配列
  • ImportExportはデフォルトで要素をDICOM形式に使用する.
  • Importの高度な要素:
  • "BitDepth"ファイルの各カラーチャンネルのエンコードに使用するビット数
    "ColorSpace"ファイルで使用される色のエンコード
    "ImageSize"ラスタ次元

オプションオプション

  • 一般的なオプション:
  • ImageSizeAutomatic画像の全体の大きさ
  • ImportおよびExportのオプション:
  • "ImageTopOrientation"Topファイルに保管されている画像の向き
  • Exportの高度な要素:
  • "Smoothing"00から1までの範囲の数で与えられるDICOM補正パラメータ

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

グレーレベル画像を含むDICOMファイルをインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

このファイルで使用できるImport要素を示す:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

DICOMファイルからメタ情報を読み,最初の規則だけを表示する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

全メタ情報を読み,Gridとしてフォーマットする:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
バージョン 5 の新機能 | バージョン 7 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »