DOT (.gv,.dot)

DOTグラフ言語およびデータ形式.
グラフの交換に一般的に使われる形式である.
単一属性付きの無向あるいは有向グラフを保管する.
ユーザ定義のグラフ,辺,頂点属性を含むことができる.
テキスト形式.
AT&Tベル研究所において開発された.
  • ImportおよびExportはDOT形式を完全にサポートする.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.gv"]は指定のファイルに保管されたグラフを表すGraphオブジェクトを与える.
  • Export["file.gv", expr]はグラフを表す隣接行列または辺情報をDOT形式にエキスポートする.
  • Import["file.gv"]file からグラフをインポートし,それをGraphとして返す.
  • Import["file.gv", elem]はDOTファイルから指定の要素をインポートする.
  • Import["file.gv", {{elem1, elem2, ...}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file", "DOT"]またはImport["file", {"DOT", elem, ...}]で指定できる.
  • Export["file.gv", expr, elem]expr が要素 elem を指定してるとしてDOTファイルを作成する.
  • Export["file.gv", {expr1, expr2, ...}, {{elem1, elem2, ...}}]は各 が対応する を指定しているとして扱う.
  • Export["file.gv", expr, opt1->val1, ...]は指定の値を持つ指定のオプション要素で expr をエキスポートする.
  • Export["file.gv", {elem1->expr1, elem2->expr2, ...}, "Rules"]は規則を使ってエキスポートする要素を指定する.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはDOTファイル形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"このファイルで利用できる要素とオプションのリスト
    "Rules"各要素とオプションの規則の完全リスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "AdjacencyMatrix"行列で与えられる辺情報
    "EdgeAttributes"規則のリストで表される辺属性
    "EdgeRules"規則のリストで与えられる,グラフのデータ連結性
    "Graph"ファイルに保存されたグラフをGraphオブジェクトとして返す
    "GraphAttributes"規則のリストとして現されるグラフの属性
    "Graphics"グラフプロットとして描画される,ファイルに保管されたグラフ
    "VertexAttributes"規則のリストとして表される頂点属性
    "VertexCount"グラフの頂点数
    "VertexList"文字列のリストとして与えられる頂点
  • ImportはDOTからのインポートの際,デフォルトで要素を使う.

オプションオプション

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (6)例 (6)

DOTファイルからGraphオブジェクトをインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

例題ファイルから利用できるImport要素を示す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

グラフの連結性規則をインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

GraphをDOT形式にエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

グラフの対称隣接行列をDOT形式にエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

無向グラフを表す辺規則のリストをDOT言語に変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

頂点と頂点の属性のリストをインポートし,表形式で表示する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//TableForm=

辺規則と辺属性のリストをDOT形式にエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

DOTファイルから辺規則をインポートし,三次元グラフとしてプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »