DXF (.dxf)

MIMEタイプ:image/vnd.dxfimage/x-dxf
AutoCAD DXF形式.
3D幾何学形式.
一般にCADデータの交換に使われる.
テキストASCII形式またはバイナリ形式.
DXFはDrawing Exchange Formatから派生した頭字語である.
3Dオブジェクトを線と多角形のプリミティブとその属性の集合として保管する.
1982に導入された.
  • ImportExportはASCII DXF形式を完全にサポートする.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.dxf"]はDXFファイルをGraphics3Dオブジェクトとしてインポートする.
  • Export["file.dxf", expr]Graphics3D式をDXFにエキスポートする.
  • Import["file.dxf"]Graphics3D[GraphicsComplex[vertices, primitives, opts]]という形の式を返す.
  • Import["file.dxf", elem]はDXFファイルから指定の要素をインポートする.
  • Import["file.dxf", {elem, suba, subb, ...}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.dxf", {{elem1, elem2, ...}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file", "DXF"]またはImport["file", {"DXF", elem, ...}]で指定できる.
  • Export["file.dxf", expr, elem]expr が要素elem を指定してるとしてDXFファイルを作成する.
  • Export["file.dxf", {expr1, expr2, ...}, {{elem1, elem2, ...}}]は各 が対応する を指定しているとして扱う.
  • Export["file.dxf", expr, opt1->val1, ...]は指定の値を持つ指定のオプション要素でexpr をエキスポートする.
  • Export["file.dxf", {elem1->expr1, elem2->expr2, ...}, "Rules"]は規則を使ってエキスポートする要素を指定する.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはDXF形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Graphics3D"Graphics3Dオブジェクトとして表現されたDXFファイル
  • "Graphics3D"Graphics3Dとして表現された3D形状
    "GraphicsComplex"GraphicsComplexオブジェクトのリストで,それぞれがファイルに保管された形状を表す
    "LineData"指標のリストとして表された線で,要素で与えられた頂点を参照する
    "LineObjects"絶対座標で与えられたLineプリミティブのリスト
    "PointData"指標付き形式の点のデータ
    "PointObjects"絶対座標で与えられたPointプリミティブのリスト
    "PolygonData"指標付き形式の多角形データ
    "PolygonObjects"絶対座標で与えられたPolygonプリミティブのリスト
    "VertexColors"色プリミティブのリストで与えられた,各頂点に関連付けられた色(Importのみ)
    "VertexData"頂点座標のリスト
  • ImportExportはデフォルトでDXFファイルに要素を使用する.
  • メタ情報要素:
  • "PlotRange"グラフィックスに含める座標範囲を指定する
    "ViewPoint"ビューポイントの座標
  • DXF色モデルの描画の際,Importは自動的にLighting->"Neutral"という設定を用いる.

オプションオプション

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

DXF例題ファイルをインポートし,Graphics3Dオブジェクトとして描画する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

色情報を保管していない3Dモデルをインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

SphericalPlot3Dを使って3D形状を生成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

DXFファイルにエキスポートする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 4.1 の新機能 | バージョン 6 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »