Directory

ファイルシステムディレクトリ構成.
ファイルとサブディレクトリを含むことができる.
  • Import は一般的なファイルディレクトリよりファイルを読むことができる.
  • Import は,またディレクトリ構成にまとめられている関連ファイルのバンドルの形式も理解することができる.

ImportとExportImportとExport

  • サポートされているマルチファイル Import 形式から成るディレクトリからインポートするときはその形式のコンバータが使われる.
  • Import["dir"] は一般的なディレクトリ, "dir"とそのサブディレクトリにあるすべてのファイルのパス指定を与える.
  • Import["dir"]はパス名のリストをの形式の式として返す.
  • Import["dir", "fn"] をインポートする.
  • Import["dir", elem] はディレクトリより指定された要素をインポートする.
  • Import["dir", {elem, suba, subb, ...}]は子要素をインポートする.
  • Import["dir", {{elem1, elem2, ...}}]は複数の要素をインポートする.
  • Mathematica はパス指定がディレクトリに関するものなのかどうかを判定できるので,通常"Directory"とImportの第2引数の形式として指定する必要はない.
  • Import["dir", "Directory"]またはImport["dir", {"Directory", elem, ...}]Import の形式として明示的に指定する.
  • Import についての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • ディレクトリ内の個々のファイルを選択または指定するために,次の設定が使える:
  • "FileNames"すべてのファイルの完全パス名のリスト
    "filename"単一ファイル
    "filename","format" 指定された形式の単一ファイル
    "filename","format",elem指定されたファイルからの要素 elem
  • Import はディレクトリの要素を使う.
  • Import["dir", "fn"]をインポートする.
  • ファイル名は相対的または絶対的なディレクトリ,StringMatchQでサポートされている省略文字列を含むことができる.
  • Import["dir", "*"]はディレクトリ全体をインポートする.
  • Import["dir", "subdir/*.jpg"]よりすべてのJPEGファイルをインポートする.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

Mathematicaにインストールされているファイル名をインポートして数を数える:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Mathematicaに含まれている例題ファイルの名前を表示する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

Import 要素として名前を指定してファイルをディレクトリよりインポートする:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »