EPS (.eps,.epsf)

MIMEタイプ:application/postscriptapplication/epsapplication/x-epsimage/epsimage/x-eps
EPSページ記述言語およびファイル形式.
一般に2Dベクトルグラフィックスとページレイアウトアプリケーションで使用される.
自己完結型のPostScriptフラグメントで,他のドキュメントに含むのに適している.
EPSはEncapsulated PostScriptから派生した頭字語である.
テキスト形式.
テキストとベクトルグラフィックスをPostScript言語を使って保管する.
フォントと埋め込みラスタグラフィックスを含むことができる.
モノクロ,グレースケール,RGB,CMYKを含む種々の色エンコードをサポートする.
PDFの前駆体である.
PostScriptは1984年にAdobeによって導入された.
  • Import Exportは通常PostScriptレベル2ファイルを作成し,適切な場合には特定のレベル3機能も含むようにする.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.eps"]はEPSファイルをインポートし,その内容をグラフィックスとして返す.
  • Export["file.eps", expr]は任意のテキスト文字列,ベクトルグラフィックス,NotebookまたはCell式をEPSにエキスポートする.
  • Mathematica フォント,および標準でないフォントはデフォルトで必要に応じてエキスポートされたファイルに埋め込まれる.
  • Import["file.eps"]はEPSファイルを Mathematica ベクトルグラフィックスに変換する.
  • Import["file.eps", "Plaintext"]はEPSファイルのテキスト形式バージョンを与える.
  • Export["file.eps", expr, elem]expr が要素elem を指定してるとしてEPSファイルを作成する.
  • エキスポート形式はコマンドExport["file", expr, "EPS"]で明示的に指定できる.
  • Import["file.eps", elem]はEPSファイルから指定の要素をインポートする.
  • Import["file.eps", {elem, suba, subb, ...}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.eps", {{elem1, elem2, ...}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file", "EPS"]またはImport["file", {"EPS", elem, ...}]で指定できる.
  • Export["file.eps", expr, elem]expr が要素 elem を指定するものとして扱って,EPSファイルを作成する.
  • Export["file.eps", {expr1, expr2, ...}, {{elem1, elem2, ...}}]はそれぞれの が対応する を指定するものとして扱う.
  • Export["file.eps", expr, opt1->val1, ...]は指定されたオプションの要素が指定された値を取るものとして expr をエキスポートする.
  • Export["file.eps", {elem1->expr1, elem2->expr2, ...}, "Rules"]は規則を使ってエキスポートされるべき要素を指定する.
  • Exportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ExportStringはEPS形式をサポートする.

ノートブックインターフェースノートブックインターフェース

  • ノートブックフロントエンドにおいて,別名で保存はアクティブなノートブックをEPSファイルにエキスポートする.
  • 選択範囲の形式保存はノートブックの選択した範囲をEPSファイルにエキスポートする.

要素要素

  • データ表現要素:
  • "Graphics"任意の2Dグラフィックス
    "Plaintext"文字列として与えられる,テキストによる内容
    "Image"ラスタ画像
    "Preview"埋め込まれたプレビュー画像
  • ImportExportはデフォルトで要素を使用する.

オプションオプション

  • 一般的なオプション:
  • BackgroundAutomatic透明画像領域で示される背景色
    ImageSizeAutomatic画像全体の大きさ
    ImageResolution72ラスタライズの画像の解像度(dpi)
  • Exportの高度なオプション
  • "AllowRasterization"Automatic高度なバージョンのPDFを必要とするグラフィックスのラスタライズを行うかどうか
    "EmbeddedFonts"True非標準フォントを含むかどうか
    "PreviewFormat"None含まれるプレビュー画像の形式
  • の可能な設定:
  • None 埋込みプレビューなし
    "Interchange" デバイス非依存プレビュー(EPSI)
    "Metafile" Windowsメタファイルプレビュー(WMF)
    "TIFF" TIFFラスタ画像
  • の可能なオプション:
  • Automatic 自動的に最適のラスタライズの方法を選択する
    True 高度なバージョンのPDFを必要とするグラフィックスをラスタライズする
    False ベクトルグラフィックスを使用する

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (7)例 (7)

EPSファイルをベクトルグラフィックスとしてインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ベクトルグラフィックスをEPSにエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

関数プロットをEPSにエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

文字を含む出力をEPSに変換するとき,Mathematica はデフォルトで標準でないすべてのフォントをエキスポートされるドキュメントに含む:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Cell式をEPSにエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Notebook式をEPSに変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

EPSIファイルを作成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 4 の新機能 | バージョン 8 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »