FLAC (.flac)

MIMEタイプ:
FLAC lossless audio codec.
オーディオのアーカイブ,再生に使われ,Webでのオーディオデータの交換に使用される.
オーディオ圧縮のオープン標準.
FLACはFree Lossless Audio Codecの頭文字である.
バイナリ形式.
線形予測とランレングス符号化法を使いオーディオサンプルを圧縮する.
8 オーディオチャンネルをサポートしている.
  • ImportExportはFLAC形式で一般的に使われるすべてのオーディオコーデックをサポートしている.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.flac"]はFLACファイルをインポートして,サウンドオブジェクトを返す.
  • Export["file.flac", expr] はサウンドオブジェクトをFLACにエキスポートする.
  • Import["file.flac"]Sound[SampledSoundList[data, r]]形式の式を与える.
  • Export["file.flac", expr]はサウンドオブジェクトexprよりFLACを作成する.
  • Import["file.flac", elem]はFLACファイルより指定された要素をインポートする.
  • Import["file.flac", {elem, suba, subb, ...}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.flac", {{elem1, elem2, ...}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file", "FLAC"]あるいはImport["file", {"FLAC", elem, ...}]と指定できる.
  • Export["file.flac", expr, elem]expr が要素,elem を指定するものとして扱うことにより,FLACファイルを作成する.
  • Export["file.flac", {expr1, expr2, ...}, {{elem1, elem2, ...}}]では,それぞれの が対応するを指定するものとして扱われる.
  • Export["file.flac", expr, opt1->val1, ...]expr を特別の値を持つオプションが指定されたものとしてエキスポートする.
  • Export["file.flac", {elem1->expr1, elem2->expr2, ...}, "Rules"]は規則を使い,エキスポートされる要素を指定する.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはFLAC形式をサポートしている.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定のための規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Data"実数のリストのリストとして与えられ,各部分リストが個々の音声チャンネルを表している生の音声サンプル
    "SampledSoundList"SampledSoundListとして与えられたFLACファイル
    "Sound"Soundオブジェクトとして表されたFLACファイル
  • 要素はSampledSoundListの第1引数に対応している.
  • オーディオサンプルの配列として複数チャンネルは表されている.
  • ImportExport はデフォルトで要素をFLACファイルに使う.
  • 高度なImport要素:
  • "MetaInformation"規則のリストとして与えられるメタ情報タグ
    "Duration"継続時間(秒)
    "Length"音声サンプル数
    "AudioChannels"音声チャンネル数
    "SampleDepth"振幅レベルを符号化するのに使用されるビット
    "SampleRate"それぞれのチャンネルの振幅サンプル数/秒
  • 既存のファイルへのみメタ情報をエキスポートするときはExportはファイルのメタ情報は更新するが,音声データは変更しない.

オプションオプション

  • 一般的なオプション:
  • SampleRateAutomaticそれぞれのチャンネルの振幅サンプル数/秒
  • 詳細な属性と設定
  • "AudioChannels"Automatic音声チャンネル数
  • チャンネルの数が指定されていない場合,最大の同時チャンネル数が使われる.必要に応じて無音が加えられる.
  • がエキスポートされるチャンネルの数よりも少ない数 n に設定された場合,最初の n チャンネルのみエキスポートされる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (5)例 (5)

サンプルのFLACファイルをインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ファイルのメタ情報を読み取る:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

音声メタデータをインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

このファイルで利用できる全インポート要素を示す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Playを使い,サンプルサウンドを作成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

前の結果をFLACにエキスポートする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

最初の音声チャンネルから最初の150の振幅サンプルをインポートしてプロットする:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »