GPX (.gpx)

GPX全地球測位データ.
GPS位置データの交換のための標準形式.
GPSデバイスが記録したGISデータを保管する.
GPXはGPS Exchange Formatの頭字語である.
XML形式.
2002年に導入された.
  • ImportはGPX形式バージョン1.1に対応している.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.gpx"]はGPXファイルをインポートし,全グラフィックスレイヤーを組み合せた描画を返す.
  • Import["file.gpx"]Graphicsオブジェクトを返す.
  • Import["file.gpx", "elem"]はGPXファイルから指定の要素をインポートする.
  • Import["file.gpx", {{"elem1", "elem2", ...}}]は複数の要素をインポートする.
  • Importについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringはGPX形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"それぞれの要素とオプションの規則の完全リスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Data"各レイヤーのグラフィックスプリミティブ
    "Graphics"単一のGraphicsオブジェクトにまとめた全レイヤー
    "GraphicsList"GPXアーカイブのレイヤーを表すグラフィックスのリスト
  • ImportはデフォルトでGPX形式に要素を使用する.
  • Importに要素を使うと,グラフィックスの内容をベクトルまたはラスタグラフィックスとして組み合せて返す.
  • Import["file.gpx", "Data"]という形の式を返す.各レイヤーは特徴に関連付けられた数値およびテキストによる情報と形状を表す規則のリストとして与えられる.
  • メタ情報要素:
  • "Comments"ファイルを記述する文字列
    "LayerNames"文字列のリストで与えられる,全レイヤー名
    "Metadata"著者と著作権についての情報
    "Name"ファイルで与えられている名前
    "SpatialRange"一般に10進度で与えられる地理座標範囲
  • GPXファイル中の地理座標は常にWGS84測地系を参照する.

オプションオプション

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

ファイルから全レイヤーをインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ファイルからレイヤー名をリストとしてインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

メタデータ要素をインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

データから標高範囲を計算する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

経路の標高データをプロットする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

線分を加算して総距離をメートルで計算する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »