GRIB (.grb,.grib)

GRIB科学データファイル形式.
科学データ交換のための自己記述形式.
一般に気象学において過去および未来の気象データを保管するために使われる.
気象の数値予報(NWP)を表す.
GRIBはGridded Binaryから派生した頭字語である.
バイナリファイル形式.
世界気象機関基本組織委員会による標準である.
  • ImportはGRIB形式のバージョン1および2をサポートする.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.grb"]はGRIBファイルをインポートし,ファイルに保管されているデータの名前を返す.
  • Import["file.grb"]はファイルに含まれている全データの名前を表す文字列のリストを返す.
  • Import["file.grb", elem]はGRIBファイルから指定された要素をインポートする.
  • Import["file.grb", {elem, suba, subb, ...}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.grb", {{elem1, elem2, ...}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file", "GRIB"]またはImport["file", {"GRIB", elem, ...}]で指定できる.
  • Importについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringはGRIB形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイルで利用できる要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Data"配列のリストとしてインポートされる全データ
    "Datasets"全データの名前
  • ImportはデフォルトでGRIB形式に要素を使う.
  • データの指定と選択:
  • "Datasets",nn 番目のデータ
    "Datasets",dataset名前付きデータ
  • メタ情報要素:
  • "Annotations"各データのメタ情報
    "DataFormat"各データを表すのに使われているタイプ
    "Dimensions"各データのデータ次元
    "Metadata"規則のリストとしての一般メタ情報

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

GRIBファイルに保管されているデータの名前を取得する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

データをインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input

インポートされたデータを画像として描画する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

GRIBファイルのメタ情報を読む:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »