Graph6 (.g6)

Graph6グラフデータ形式.
無向グラフの保管に使われる.
ASCII形式.
複数の無向グラフの連結情報を保管する.
小さなグラフまたは大規模で密なグラフ(頂点が個まで)に適している.
大規模な疎なグラフを最適化するsparse6と関連している.
Australian National UniversityのBrendan McKayによって開発された.
  • ImportExportはgraph6ファイル形式を完全にサポートしている.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.g6"]は,指定されたファイルに保管された,単独のGraphオブジェクトまたはグラフのリストとして与えられたグラフをインポートする.
  • Export["file.g6", expr]は1つまたは複数のグラフの隣接行列,辺情報をGraph6形式に与える.
  • Import["file.g6", elem]はgraph6ファイルから指定された要素をインポートする.
  • Import["file.g6", {elem, suba, subb, ...}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.g6", {{elem1, elem2, ...}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file", "Graph6"] または Import["file", {"Graph6", elem, ...}]と指定できる.
  • Export["file.g6", expr, elem]expr が要素,elem を指定するものとして扱うことにより,graph6ファイルを作成する.
  • Export["file.g6", {expr1, expr2, ...}, {{elem1, elem2, ...}}]では,それぞれの が対応するを指定するものとして扱われる.
  • Export["file.g6", expr, opt1->val1, ...]expr を特別の値を持つオプションが指定されたものとしてエキスポートする.
  • Export["file.g6", {elem1->expr1, elem2->expr2, ...}, "Rules"]は規則を使い,エキスポートされる要素を指定する.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはgraph6形式をサポートしている.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定のための規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "AdjacencyMatrix"行列のリストとして与えられるこのファイル内の全グラフの辺情報
    "EdgeRules"規則の配列として与えられる全グラフの連結データ
    "Graph"Graphオブジェクトとして与えられる,このファイルに保管された最初のグラフ
    "Graphics"グラフプロットとして描画されるこのファイルに保管されている最初のグラフ
    "GraphicsList"グラフィックスオブジェクトのリストとして与えられる全グラフ
    "GraphList"Graphオブジェクトのリストとして与えられる,ファイルの中の全グラフ
    "VertexCount"整数のリストとして与えられる個々のグラフの頂点の数
    "VertexList"頂点を表す整数のリスト
  • Importはデフォルトで簡単なgraph6ファイルにはを,マルチグラフのgraph6ファイルにはを使う.
  • 複数のグラフを含むgraph6ファイルの要素指定:
  • elem, nこのファイルの n 番目のグラフのデータ表現要素 elem
    elem, {n1,n2,...}グラフ , , ...の要素,elem
    elem, Allリストとして与えられる全グラフの要素 elem
  • Import["file.g6", "GraphList"]Graphオブジェクトとして描画される,全グラフのリストを与える.
  • Import["file.g6", {"GraphList", n}]はファイル中の n 番目のグラフの描画を与える.
  • 要素を使い,graph6ファイルをインポートするときは,可能な非連結の頂点として規則は返されない.
  • 連結していない頂点を含むグラフは要素またはの組合せを使い,完全に指定することができる.

オプションオプション

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (7)例 (7)

小さなgraph6サンプルファイルをインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

グラフを表す辺の規則を表示する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

対応する隣接行列をインポートしてMatrixPlotでそれを描画する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

graph6データを表す文字列をグラフの視覚表現に変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Graphオブジェクトをgraph6形式にエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

グラフの隣接行列をgraph6形式にエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

辺規則をエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 6 の新機能 | バージョン 8 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »