HTML (.html,.htm)

登録MIMEタイプ:text/html
HTMLマークアップ言語とファイル形式.
Webページ作成のための主要言語.
HTMLはHypertext Markup Languageの頭文字である.
プレーンテキスト形式.
Webページの構造と外観を記述する.
Internet Engineering Task Force (IETF) working draftとして1993年に初めて発行された.
1996年以降はWorld Wide Web Consortium (W3C)によって管理されている.
W3C推奨として1996年に最新版4.01が発行された.
国際標準ISO/IEC 15445:2000.
XHTMLが後継している.
  • Importは完全にHTMLバージョン4.01をサポートしている.
  • Export[..., "HTML"]の出力はXHTML 1.1スタンダードに従っている.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.html"]はHTMLファイルをプレーンテキストで表示する.
  • Import["file.html", "Data"]はHTMLより表データを抽出する.
  • Export["file.html", expr]expr のHTML版を作成する.
  • Export["dir", expr]expr をHTMLに移行し,出力を指定されたディレクトリに保存する.
  • Import["file.html"]はプレーンテキストのファイルのコンテンツを表す文字列を返す.
  • Export["file.html", expr]はノートブックセル,セルのリストや他のノートブック要素をHTMLにエキスポートする.
  • Exportは常に完全なHTMLドキュメントを作成し,部分的なHTMLを作成することはない.
  • 出力は1個以上のHTMLファイルとHTMLFilesとHTMLLinksの2つのディレクトリである.
  • Mathematica は,HTMLにエキスポートするとき,デフォルトでタイプセット式をGIFイメージに変換する.
  • MathematicaTooltipHyperlink式をHTMLに変換することができ,必要な場合はHTMLイメージマップを作成する.
  • Import["file.html", elem]は指定された要素をHTMLファイルからインポートする.
  • Import["file.html", {elem, suba, subb, ...}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.html", {{elem1, elem2, ...}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポートの形式はImport["file", "HTML"]またはImport["file", {"HTML", elem, ...}]と指定できる.
  • Export["file.html", expr, elem]expr が要素,elem を指定するものとして扱うことにより,HTMLファイルを作成する.
  • Export["file.html", {expr1, expr2, ...}, {{elem1, elem2, ...}}]では,それぞれの が対応するを指定するものとして扱われる.
  • Export["file.html", expr, opt1->val1, ...]expr を特別の値を持つオプションが指定されたものとしてエキスポートする.
  • Export["file.html", {elem1->expr1, elem2->expr2, ...}, "Rules"]は規則を使い,エキスポートされる要素を指定する.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはHTML形式をサポートしている.

ノートブックインターフェースノートブックインターフェース

  • 選択範囲の形式保存はノートブックの選択された箇所をWebページとしてエキスポートできる.
  • 別名で保存はノートブック全体をWebページにエキスポートできる.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則
  • Import要素:
  • "Data"HTMLテーブル,リスト要素からのテキスト,数値コンテンツ
    "FullData"空のHTMLテーブルとリスト要素を含めた完全な表形式の内容
    "Hyperlinks"文字列のリストとして与えられるハイパーリンク
    "Images"HTMLドキュメントに埋め込まれた画像
    "Plaintext"テキストとしてフォーマットされたHTMLドキュメント
    "Source"単一の文字列としての生のHTMLソース
    "Title"HTMLページタイトル
    "ImageLinks"埋め込まれた画像のURL
    "XMLObject"ドキュメント全体の記号XML表記
  • Import はデフォルトで 要素を使う.
  • HTMLドキュメントを"XMLObject"としてインポートするとき Mathematica はよく整ったXHTMLに変換しようとし,その結果のXMLファイルをインポートする.
  • Export要素:
  • "Notebook"Notebook
    "NotebookObject"NotebookObject
    "Expression"任意の Mathematica

オプションオプション

  • Importオプション:
  • CharacterEncodingAutomaticファイルをインポートする際に使用する生の文字コード
    "Numeric"True可能な場合にデータフィールドを数としてインポートするかどうか
  • HTMLファイルでファイルの文字規格が指定されていない場合,ImportCharacterEncodingで指定された規格を使う.可能な文字コード規格の一覧は$CharacterEncodingsによって与えられている.
  • Mathematica はHTMLにエキスポートするときは,常にUTF-8 規格を使う.
  • Exportオプション:
  • "Content"FalseMathMLコンテンツ要素をエキスポートするかどうか
    "ConversionRules"Automaticインラインとブロックレベル要素双方のマークアップを含むセルスタイルからHTML要素へのマッピングを指定するかどうか
    "ConvertClosed"True前向きに閉じられたセルグループをエキスポートするかどうか
    "ConvertLinkedNotebooks"FalseリンクされているノートブックをHTMLに変換するかどうか
    "ConvertReverseClosed"False後向きに閉じられたセルグループをエキスポートするかどうか
    "CSS"Automatic使用するまたはリンクするCSSスタイルシート
    "FullDocument"True完全なHTMLドキュメントをエキスポートするかどうか
    "Graphics3DOutput"Automatic3Dグラフィックス式の表し方
    "GraphicsOutput""GIF"グラフィックス式の表し方
    "HeadAttributes"{}規則のリストとして与えられるHTML <head> タグに挿入される属性
    "HeadElements"{}HTML <head> タグの子要素
    "ManipulateOutput""CDF"Manipulate式の表し方
    "MathOutput""GIF"タイプセット式の表現の方法
  • の可能な設定:
  • "CDF"対象の式をCDFに変換する
    "DisplayForm"対象の式を概観のASCII近似に変換する
    "GIF"対象の式をGIFに変換する
    "InputForm"対象の式をそのInputFormに変換する
    "PNG"対象の式をPNGに変換する
    "JPEG"対象の式をJPEGに変換する
    "SVG"対象の式をSVGに変換する
  • "MathOutput"->"MathML"はすべてのタイプセット式をMathMLに変換する
  • "Graphics3DOutput"->Automaticは3Dグラフィックスをに対して指定されたのと同じメソッドを使って変換する.
  • 出力変換に使用するオプションは,セルのトップレベルのオブジェクトのタイプに基づく.例えば2Dグラフィックスだけを含むセルはを使い,タイプセット式やコードに埋め込まれた2Dグラフィックスを含むセルはを使用する.
  • の可能な設定:
  • AutomaticMathematica スタイルシートよりCSSスタイルシートを作成
    NoneスタイルシートファイルまたはインラインCSSスタイルを作成しない
    "file.css"スタイルシートファイルを使用
  • の可能な設定:
  • False閉じられたグループをエキスポートしない
    Trueすべてのセルグループをエキスポートする
    "LinkedPage"個々の前向きに閉じられたグループを別のページにエキスポートする

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (8)例 (8)

Webページから全画像をインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

HTMLファイルをプレーンテキストとして読む:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

このファイルで可能なImportの要素を表示する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

このファイルから表コンテンツをインポートする:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]//TableForm=

数式をHTMLにエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ディレクトリに保存されているファイルの名前を表示する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

ラスタライズされたタイプセットされた式をインポートする:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

Cell式をHTMLに変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Mathematica はツールチップとハイパーリンクの埋め込まれているグラフィックスをHTMLイメージマップにエキスポートできる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

Mathematica スタイル要素からHTMLへのマッピングはで指定できる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

フォーマットされたテーブルをHTMLにエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

HTMLフラグメントを作成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 4 の新機能 | バージョン 8 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »